ユニフレームの焚き火テーブルに負けないアウトドア用テーブル13選!

お気に入りに追加

焚き火テーブルはキャンプサイトには欠かせないアウトドアギアであり、特にユニフレームの焚き火テーブルは人気ですが、各社アウトドアブランドもそれぞれ個性的な焚き火テーブルを発表しています。今回は焚き火テーブルの選び方や役立つグッズをご紹介します。

ユニフレームの焚き火テーブルに負けないアウトドア用テーブル13選!

目次

  1. 焚き火テーブルはアウトドア好きなら持つべきアイテム
  2. 焚き火テーブルの調理型と囲炉裏型の違い
  3. 焚き火テーブルの失敗しない選び方
  4. 焚き火テーブルでもっとも人気が高いのが「ユニフレーム」
  5. ユニフレーム以外のおすすめな焚き火テーブル8選
  6. 焚き火テーブルの囲炉裏型を選ぶときの注意点
  7. おすすめな囲炉裏型焚き火テーブル5選
  8. 囲炉裏型焚き火テーブルを手作りする方法
  9. 焚き火テーブルと合わせて買いたいおすすめアイテム
  10. 焚き火テーブルに合うおすすめローチェア
  11. 焚き火テーブルを持ってキャンプに行こう!

焚き火テーブルはアウトドア好きなら持つべきアイテム

campsite
Gamma-Ray Productions

キャンプにおける焚き火は、料理をする場所であり、家族が暖をとる場所、仲間と語り合う場所でもあります。ただし、火のそばなので、安全面に注意したいところ。そんな時に活躍してくれるキャンプツールが焚き火テーブルです。焚き火テーブルがあれば、焚き火台を囲みながらご飯を食べたりすることも、焚き火台のそばで料理をしたりちょっとした台として使うこともできます。

dutch oven
heathermount Unsplash

そんな焚き火テーブルですが、キャンパー界で人気なのがユニフレームの焚き火テーブルです。シンプルな見た目で、囲炉裏形式や調理台形式でもキャンプサイトの中で悪目立ちすることはありません。多くのサイトでおすすめされているユニフレームの焚き火テーブルですが、焚き火テーブルには他にも様々なアイテムがあり、今回はそれらの特徴を含めてご紹介していきます。

焚き火テーブルの調理型と囲炉裏型の違い

camp
Free-Photos

焚き火テーブルは、焚き火台の周りの空間デザインに欠かせないアウトドアツールと言えます。それは焚き火テーブル選びによって、焚き火台の周りを談話スペースにするのか、調理スペースにするのかが変わってくるからです。それだけ焚き火テーブルはキャンプサイトで重要なポジションにあるアイテムですが、焚き火テーブルとひと口に言っても、大きく2つ種類があります。

それは「囲炉裏形式」「調理台形式」です。焚き火テーブルを購入する前に、まずはその違いをしっかり押さえて、焚き火台の周りをどのようにするのかを決める必要があります。何人でキャンプに行くのか、料理はどのように作るのか、熱源は焚き火以外に作るのかなども事前に考えておきましょう。それでは、焚き火テーブルの2つのタイプについて、違いと強みを紹介していきます。

焚き火テーブル「調理型」の特徴

焚き火テーブルの中でも使い勝手がいいのが、この「調理台形式」です。このタイプが燃え盛る焚き火台のそばに置いても変形することなく、料理に使う材料や、熱々のダッチオーブンをそのままのせたりすることもできます。焚き火で料理をすることを計画している方にはおすすめのタイプです。

焚き火テーブル「囲炉裏型」の特徴

もう1つの「囲炉裏型」は、焚き火台を囲んで座る時にとても便利ですが、焚き火台は子どもが近づくと大変危険なので注意して下さい。特にキャンプが楽しくてはしゃいでしまっているときは尚更です。そんな時に囲炉裏型の焚き火テーブルなら、焚き火の周りを囲んで近づけないようにしてくれるので、子どもと一緒にアウトドアに行かれる方にはおすすめです。

焚き火テーブルの失敗しない選び方

camp
LUM3N

焚き火テーブルを選ぶ際は、何人で行って、どのようなキャンプサイトにするのかを事前に考えておくことが必要です。それによって焚き火テーブルを調理台型か囲炉裏型にするのかが変わってきます。それ以外にも天板の材質、機能や扱いやすさも選ぶ際にはチェックしたいところ。ここでは焚き火テーブルの選び方を型や材質、機能、そして扱いやすさに着目してご紹介します。

調理台型と囲炉裏型を決める

囲炉裏型か調理台型かどちらか一方に決め、それを軸にキャンプサイトを作っていきましょう。その際、子供がいる場合に安全性を重要視するのであれば、囲炉裏型がおすすめです。大人だけで様々な料理を楽しむのなら調理台型がおすすめです。

材質選びは特に重要

shopping
3D_Maennchen

焚き火台の近くは当然のことながら温度が高いため、焚き火テーブルは材質によっては熱で変質してしまったり、ススで黒くなってしまったり、飛んできた火の粉で焦げてしまったりします。また、お手入れという観点からも材質というのは非常に重要な要素になってきます。ここではステンレス、スチール、そしてウッド素材について、その材質ごとの特徴をご紹介していきます。

初心者向け「ステンレス製」

ユニフレームの焚き火テーブルの素材でもある、ステンレス製の特徴は、お手入れがしやすく、軽いというところです。ステンレス製はその名の通りサビにくいため、キャンプ後のお手入れもサッと拭くだけでOKです。また、軽量で持ち運びもしやすく扱いやすいため、初心者キャンパーやこれからアウトドアを楽しみたいという方におすすめの、入門者向けの焚き火テーブルと言えます。

価格重視なら「スチール製」

重厚なメタリック感がかっこいいスチール製の焚き火テーブルの特徴は、価格が他の素材に比べると比較的安く、そこそこ重さがあるので、置いた時の安定感があります。焚き火台のそばに置くので、グラグラするのは避けるべきです。その反面、サビやすく、持ち運びに不便というデメリットもあります。車で移動される方や自宅の庭でバーベキューをするという方におすすめの素材です。

見た目重視なら「ウッド素材」

キャンプサイトで雰囲気抜群なのがウッド素材の焚き火テーブルです。木の質感がやさしく、温かみがあります。大きな特徴としては見た目がおしゃれなので、インスタ映えするキャンプツールとして利用されています。ただし、ススや腐食、そして飛んでくる火の粉によって焦げてしまうこともあるので、お手入れや使い方は他の素材に比べると難しく、ベテラン向けと言えるでしょう。

プラスの機能面もチェック

焚き火テーブルを選ぶ際、テーブル自体の機能性にも注目してみましょう。焚き火テーブルの中には天板を外して鍋敷きにしたり、それ自体をベンチとして使えるものがあります。また、囲炉裏型の焚き火テーブルの中には支柱が備え付けられており、囲炉裏にダッチオーブンなどを吊るせるものもあります。1台2役だと荷物も減らせるのでチェックしておきたいですね。 

収納や持ち運びのしやすいものにする

backpack
OrnaW

焚き火テーブルを選ぶときのポイントとして、「収納のしやすさ」「持ち運びしやすさ」も忘れずにチェックしておきましょう。焚き火テーブルはその場で組み立てることになりますが、パーツを分解できて、コンパクトに専用バッグなどにしまえるものは、荷物としてかさばらずにスペースもとりません。ただし、パーツが多すぎると組み立てそのものが大変になることもあります。

bagage
ualievilyas

コンパクトに収納することできれば、持ち運びもしやすくなります。また、素材選びにも関わってきますが、ステンレス製、スチール製、そしてウッド素材製だとそれぞれ重さが異なってきます。軽い順からステンレス製、ウッド素材、スチール製と重くなっていきます。スチール製は車で持ち運びがいいでしょう。

焚き火テーブルでもっとも人気が高いのが「ユニフレーム」

最近のアウトドアやレジャーにおいて、使いやすい焚き火テーブルとして人気があるのがユニフレームの焚き火テーブルです。ステンレスのメタリックな天板と端の木目パーツとの組み合わせがオシャレですね。ここではユニフレームの焚き火テーブル、その人気の秘密を1つずつご紹介していきます。

ユニフレームの「焚き火テーブル」

 焚き火テーブル | ユニフレーム アウトドア用品総合メーカー https://www.uniflame.co.jp/product/682104

焚き火テーブル | ユニフレーム アウトドア用品総合メーカー

出典: www.uniflame.co.jp

ユニフレームの焚き火テーブルの人気のポイントとしては、大きく4つに分けられます。1つ目は耐久性に優れているというところ。2つ目は組み立てが簡単にできるということ。3つ目に程よい大きさ、そして最後に4つ目としてシンプルデザインというところです。ファンが多く、キャンプ場でもよく見かける焚き火テーブルとなっているこの商品について、深掘りしていきます。

おすすめポイント1.熱や傷に強い

ユニフレームの焚き火テーブルは天板がステンレス製なので、熱々のダッチオーブンを置くこともできるぐらい熱に強くできています。また表面をよく見ると小さな凹凸が施されており、傷が目立たない仕様になっています。アウトドアツールなので、熱変質や傷は宿命ですが、このユニフレームの焚き火テーブルならそれらにも強い耐性があるのです。

おすすめポイント2.簡単に組み立てられる

アウトドアツールは屋外で組み立てるので、組み立てやすさは大きなメリットになります。このユニフレームの焚き火テーブルも組み立ては非常に簡単で、天板の下に収納されている脚部を引き出して天板に差し込んでつなぎ、最後に金具で固定するだけ。組み立て方もシンプルで、部品も天板と脚部と止め金具だけなので、部品が多くて無くしてしまう心配はなさそうですね。

おすすめポイント3.使いやすいサイズ感

キャンプサイトに持ち込む道具は、大きすぎては荷物としてかさばり、無駄なスペースを取ってしまうので注意が必要ですし。小さすぎてもあまり役に立ちません。このユニフレームの焚き火テーブルは組み立てると高さ37cmと椅子に座って手を伸ばせるちょうどいい高さになっています。また近年のロースタイルキャンプ人気にもフィットしており、一層注目が集まっています。

おすすめポイント4.長く使いやすいデザイン

ユニフレームの焚き火テーブルが人気である最後の理由は、飽きないデザインにあります。カラフルでも柄がいっぱいあるわけでも形が特徴的なわけでもありません。ステンレスの天板と、その両サイドには天然のウッド素材のプレートがはめ込まれているだけで、主張が少ない分、キャンプサイト内の周りのブランケットやタープの雰囲気を邪魔せず溶け込みます。

デメリットも知っておこう

欠点
3D_Maennchen

キャンプサイトに置けば便利で、アウトドアには欠かせないようにも思えるユニフレームの焚き火テーブルですが、ユニフレームはアウトドアブランドとしてトップクラスのブランドであるため、一般的な調理台型の焚き火テーブルの相場は5000円程度ですが、ユニフレームは7000円を超えるので手の出しにくい価格ではあります。

slip
MariangelaCastro

これはテーブルの四隅から足が出ていないテーブルに共通のことですが、ユニフレームの焚き火台はその構造上、テーブルの端にものを置くと重心がずれて転倒してしまうことがあります。ダッチオーブンや熱々のヤカンなどを置く際は、置く位置に十分に気をつけてましょう。また、子どもがテーブルに手をかけてしまうとひっくり返ってしまう危険性がありますので注意しましょう。

ユニフレーム以外のおすすめな焚き火テーブル8選

camp
LUM3N

ここまでユニフレームの焚き火テーブルをご紹介してきましたが、あくまで調理台型の焚き火テーブルの一例にすぎません。ここから、ユニフレーム以外の焚き火テーブルのおすすめをご紹介していきます。それぞれどんな強みがあり、どんな人におすすめなのかをチェックしてみてください。

コールマン「ステンレスファイアーサイドテーブル」

 ステンレスファイアーサイドテーブル|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N01863.html

ステンレスファイアーサイドテーブル|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

出典: ec.coleman.co.jp

コールマンの焚き火テーブルは調理台型焚き火テーブルで、組み立てた時のサイズは幅40cm、縦60cm、高さ25cm、重さ2.6kg、耐荷重は約30kg、収納時のは幅30cm、縦40cm、厚さ5cmになり、トートバッグに入れても持ち運べます。足の付け根のゴムキャップ以外は金属でできているため、焚き火のそばでも平気ですし、天板はステンレス製なのでお手入れも簡単に済みます。

高さは若干低めですので、ダッチオーブンや高さのある焚き火台で料理をする時の調理台として使うのはあまりおすすめできません。しかし、ソロキャンプを楽しむ場合は万能な調理台として活躍してくれます。一人用の焚き火台なら高さもちょうどよく、お酒や缶詰飯を置いて一人の時間をまったり楽しみたい方にピッタリ。荷物としてもかさばらないのでソロキャンプにおすすめです。

笑's「焚き火調理台450re」

 笑's 焚き火調理台450re - 工場直売のアウトドア用品  笑’s-sho's- ONLINE SHOP http://shop.sho-s.jp/?pid=101185725

笑's 焚き火調理台450re - 工場直売のアウトドア用品  笑’s-sho's- ONLINE SHOP

出典: shop.sho-s.jp

こちらの焚き火テーブルは天板と脚部にステンレス素材を使用し、その周りを天然木素材のプレートで囲んでいます。組み立てた時の大きさは幅30cm、縦45cm、高さ19.5cm、重さは2.5kg、収納時は厚さが1.6cmになります。お手入れは材質のほとんどがステンレスなので、比較的簡単ですが、ウッド素材の部分はオイルを染み込ませた布で軽く拭いてあげる程度でOKです。

組み立てた時の高さは低く、一人用のキャンピングチェアに腰掛けて手を伸ばすとちょうどいい高さになります。少々価格帯が高いだけあって作りもしっかりしており、ウッド素材部分はオイル拭きが必要となるため、若干のお手入れの手間がかかります。そのため、ソロキャンプ中級者レベルの方におすすめの一品です。

テントファクトリー「スチールワークス FDテーブル 450」

 TENT FACTORY https://www.tentfactory.jp/items?uid=004001006

TENT FACTORY

出典: www.tentfactory.jp

TENT FACTROYは価格帯が比較的リーズナブルで定評のあるアウトドアブランドです。そんなTENT FACTROYから出ているスチール素材の焚き火テーブルです。組み立てると幅45cm、縦45cm、高さ26cm、重さは2.6kgになります。スチール素材ですが、比較的軽くて持ち運びにも苦労はしません。 

ボディは粉体塗装されているので、黒くシンプルなデザインで他のキャンプツールとも馴染みやすいです。また丈夫な作りのため、焚き火台を乗せることもできるので、秋頃の乾燥した落ち葉が周りにある状況で焚き火台を下に起きたくない時にうってつけの商品です。複数持って並べることでお好みの広さの焚き火テーブルにすることができますよ。

YOLER「メッシュテーブル」

 Amazon | YOLER メッシュテーブル スチールテーブル 折りたたみ アウトドア キャンプ用品 専用キャリーバ https://www.amazon.co.jp/dp/B07W47MKNLッグ付 43×32×26cm | Yoler | テーブル 

Amazon | YOLER メッシュテーブル スチールテーブル 折りたたみ アウトドア キャンプ用品 専用キャリーバッグ付 43×32×26cm | Yoler | テーブル

出典: www.amazon.co.jp

メッシュ加工されている天板なので、ある程度ガンガン物を置いたりしても大丈夫な焚き火テーブルです。スペックは組み立てた状態で幅43cm、縦32cm、高さ26cm、収納した時は厚さ6cmになり、重さは2.2kgです。スチール素材らしく黒いメタリックな見た目は無骨でワイルドなテイストをキャンプサイトにプラスしてくれます。

この焚き火テーブルの強みは、持ち運びの際に使用する側面にある持ち手です。この持ち手は組み立てたあと、テーブルの横にフックをかけられるので、テーブルでありながら収納機能もプラスすることができます。コップやその他のキャンプアイテムを引っ掛けておけば、収納場所もコンパクトに、そして一箇所にまとめておけるので、技ありの一品と言えます。

スノーピーク「TAKIBI Myテーブル」

 TAKIBI Myテーブル(LV-039)の通販 | テーブル・チェアの通販はスノーピーク(Snow Peak)

TAKIBI Myテーブル(LV-039)の通販 | テーブル・チェアの通販はスノーピーク(Snow Peak)

出典: ec.snowpeak.co.jp

金属加工業の盛んな新潟県三条市のキャンプギアメーカー、スノーピークの焚き火テーブルです。スペックは幅33.2cm縦49.6cm、高さ40cm、重さは2.9kg、収納時は厚さが7.8cmになります。全体がステンレス素材でできており、サビに強く、軽く、そしてシンプルなメタリックデザインで、キャンプサイトのアクセントにぴったりな焚き火テーブルです。

この焚き火テーブルの強みとしては、焚き火台の近くに置くことを基本コンセプトにして作られた物で、非常にタフにできています。また、側面の溝はフックがかけられる仕様になっているので、食器などを引っ掛けておくのに便利です。またステンレストレーを下に設置して、そこに飲み物をおけば、土ぼこりや焚き火の火の粉がかかるのを防げます。

ペトロマックス「ダッチオーブンテーブル」

 Amazon | PETROMAX(ペトロマックス) グリル スタンド BBQ ダッチオーブンテーブル FE90 12781 | ペトロマックス(PETROMAX) | ダッチオーブン用アクセサリー

Amazon | PETROMAX(ペトロマックス) グリル スタンド BBQ ダッチオーブンテーブル FE90 12781 | ペトロマックス(PETROMAX) | ダッチオーブン用アクセサリー

出典: www.amazon.co.jp

  • ドイツ創業のランタンメーカー、ペトロマックスの焚き火テーブルです。かなりタフにできていて、ダッチオーブンを置いたり、テーブルの上で炭を焼いたりもできるほどです。スペックは幅45cm、縦90cm、風除けを入れると116cm、高さは87cm、スチール素材のため耐荷重が100kgにもなりますが、重さ16.5kgになりアウトドアギアとしてはかなり持ち運びにくい部類になります。

ただ、それでもファンが多いのがペトロマックスのダッチオーブンテーブル。特徴的な風除けによって、テーブルの上の焚き火の火力が落ちにくく、調理もしやすくできています。また、見た目がゴツく、ワイルドな見た目から、キャンプサイトにミリタリーテイストをプラスしてくれます。ガッツリ、そしてワイルドにアウトドアを楽しみたい方におすすめな一台です。

MYCARBON「アウトドアテーブル 焚き火テーブル」

 Amazon | MYCARBONアウトドアテーブル 焚き火テーブル ステンレス製 耐荷重40kg コーナープロテクター 専用収納袋付き キャンプ バーベキュー アウトドア用 銀色 | MYCARBON | テーブル

Amazon | MYCARBONアウトドアテーブル 焚き火テーブル ステンレス製 耐荷重40kg コーナープロテクター 専用収納袋付き キャンプ バーベキュー アウトドア用 銀色 | MYCARBON | テーブル

出典: www.amazon.co.jp

ステンレス製の調理台型の焚き火テーブルで、シンプルなデザインの飽きのこない一台です。スペックは幅35cm、縦51cm、高さ36cm、重さは2.1kg、たたむと厚さ2.5cmになります。ステンレス素材のため、錆びにくくお手入れも簡単、サイズも材質も使い勝手のいい仕様になっているので、初心者やもう一台ステンレス製のサブの焚き火テーブルが欲しいという方向けの商品です。

キャプテンスタッグ「アルミロールテーブル」

 アルミロールテーブル〈コンパクト〉 M-3713

アルミロールテーブル〈コンパクト〉 M-3713

出典: www.captainstag.net

キャンプギアメーカーのキャプテンスタッグ 型出ている焚き火テーブルで、天板はアルミですが、脚部はスチール製です。スペックは幅29cm、縦40cm、高さ12cm、重さ700g、耐荷重は約30kg、たたむと横6cm、縦7cm、幅40cmの直方体になります。サイズ感はコンパクトなので、ダッチオーブンを乗せるのには不向きですが、ソロキャンプではそのコンパクトさで重宝しそうです。

価格帯もかなりリーズナブルで、コンパクト設計なので、ソロキャンパーは複数持っていてもいいでしょう。また折りたたむと6cm、7cm、40cmの直方体にまとめることができるので、かなりコンパクトに持ち運ぶことができます。このサイズならカバンの中にラクラク収納できますし、自転車でソロキャンプする人も荷物がかさばらずに持っていけるでしょう。

焚き火テーブルの囲炉裏型を選ぶときの注意点

囲炉裏型の焚き火テーブルは焚き火を囲んで、その場に団欒を作り出すことができます。また、調理型の焚き火テーブルに比べてキャンプサイトでの印象も強いので、このタイプは慎重に選びたいところ。うまく選ばないとキャンプサイトで場所を取る存在になってしまったり、テーブルを痛めてしまったりすることも。ここでは、囲炉裏型の焚き火テーブルを選ぶ際の注意点を紹介します。

開口部が大きすぎるものは選ばないこと

囲炉裏型の焚き火テーブルは焚き火台を囲むように配置するので、焚き火台の大きさと、テーブル側の開口部の大きさは必ず確かめるようにしましょう。理想的な大きさは焚き火台よりも開口部が一回り大きいものです。開口部が小さいと使えない、大きすぎると焚き火までが遠く使いにくくなります。火に近すぎるとテーブルが焦げてしまったり、火傷の原因になります。

焚き火台の高さにしっかりと合わせること

囲炉裏型焚き火テーブルと焚き火台との位置関係において、もう1つ重要なのが高さです。焚き火台の高さがテーブルの高さよりも高すぎても低すぎてもうまく使えなくなります。とくに囲炉裏でBBQをする場合は身を乗り出さなければならなくなったり、腰に負担がかかったりします。囲炉裏型焚き火テーブルと焚き火台は必ず高さを合わせるようにしましょう。

おすすめな囲炉裏型焚き火テーブル5選

ここではおすすめの囲炉裏型の焚き火テーブルを5つ紹介します。それぞれ形や材質が異なり、強みも弱みもあります。それぞれの特徴を踏まえて、自身の焚き火テーブルの選び方に生かしていきましょう。

スノーピーク「ジカロテーブル」

 ジカロテーブル(ST-050)の通販 | 焚火台の通販はスノーピーク(Snow Peak)

ジカロテーブル(ST-050)の通販 | 焚火台の通販はスノーピーク(Snow Peak)

出典: ec.snowpeak.co.jp

こちらの焚き火テーブルは天板にステンレスを使用し、脚部にはアルミ合金等を使用しています。この焚き火テーブルの特徴として、開口部を2パターンで組み上げることができます。広い場合は直径112cm、高さ40cm、開口部は60cmの正方形に。小さい場合は直径89cm、開口部は37cmになります。重さは10.5kg、収納時の大きさは幅40cm、縦74.5cm、厚さ17cmになります。

開口部の大きさを組み替えられるのはかなり特殊で、使用する焚き火代に合わせて組み替えることができます。また、同一商品であれば組み合わせて開口部が2つの囲炉裏型テーブルにすることができます。組み合わせをいろいろ変えられるので、家族が多い方や仲間とキャンプに行くことが多い方におすすめな一台です。

キャンパーズコレクション「ファイアープレイステーブル」

 Amazon | 山善 キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル FPT-100(SL) | キャンパーズコレクション | テーブル

Amazon | 山善 キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル FPT-100(SL) | キャンパーズコレクション | テーブル

出典: www.amazon.co.jp

こちらの焚き火テーブルは全体にアルミニウムが使用されており、スペックは囲炉裏型焚き火テーブルとして組み上げた時は横100cm、縦115cm、高さ27cm、開口部は67cm四方にんあり、重さは7kg、収納時は縦25cm、横115cmにたたみ、ハンドルがあるので持ち運びにも便利です。

この焚き火台テーブルの特徴は、囲炉裏型にせずに揃えて並べることで横広のテーブルにしたり、ベンチにしたりできることです。耐荷重は80kgもあるので、先にこのテーブルだけ車から出して置いて、子どもを座らせるベンチとして使うこともできますし、用途は幅広いです。

コールマン「ファイアープレイステーブル」

 ファイアープレイステーブル|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

ファイアープレイステーブル|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

出典: ec.coleman.co.jp

アウトドアギアメーカーのコールマンが出している囲炉裏型焚き火テーブルです。天板含め全体的ないステンレスが用いられており、お手入れは簡単です。スペックは組み立て時は縦横100cmの正方形で、開口部は65cm四方。高さは27cmになり、重さは6kgです。脚部の構造上あまり重たいものは載せられませんがテーブルとして使う分には不自由はしません。

テーブル表面には穴も空いており、囲炉裏台として串を刺して焚き火で魚などを焼いて食べてもいいでしょう。折りたたむと横100cm縦17cm厚さ11cmにたたむことができます。囲炉裏型焚き火テーブルとしては比較的コンパクトなものと言えるでしょう。

尾上製作所「マルチファイアーテブル」

 Amazon | 尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル MT-8317 | 尾上製作所(ONOE) | テーブル

Amazon | 尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル MT-8317 | 尾上製作所(ONOE) | テーブル

出典: www.amazon.co.jp

こちらの尾上製作所のスチール製の焚き火テーブルは組み上げれば100cm四方、開口部は66cm四方になり高さは27cmになります。折りたためば横83cm、縦17cm、厚さ10cm、重さは9kgになります。テーブル表面はメッシュ加工がされており、傷を気にせずガンガン使うことができます。ただしスチール製なのでお手入れは必要となります。

この焚き火テーブルは全部で4枚の横長のスチール材のテーブルを組み合わせていますが、それぞれ分けて設置すれば荷物を置いておけるテーブルになりますので、用途に合わせて組み合わせを変えることができます。黒い見た目もキャンプサイトの周りの印象を邪魔せず、おしゃれさを追加してくれますね。別売りの支柱パーツを使用するとダッチオーブンなどを吊るすこともできます。

ロゴス「テーブルウッド囲炉裏テーブルEVO」

 ウッド囲炉裏テーブルEVO | LOGOS:ロゴス

ウッド囲炉裏テーブルEVO | LOGOS:ロゴス

出典: www.logos.ne.jp

THEウッド素材の焚き火テーブルといわれるロゴスの囲炉裏型焚き火テーブルですが、スペックは組み立てると92cm四方、高さは27cm、開口部は62cm四方、重さは10.9kg、収納したサイズは横92cm、縦16cm、厚さ16cmになります。天板表面はウッド素材を使用し、ステンレスやスチールのようなヒヤっとする感覚は少ないです。

フレームにはステンレス材が使われているので、側面の傷はある程度防ぐことができます。ただし、やはりウッド素材が使われているので飛んでくる火の粉で焦げてしまったり、表面が傷ついてしまったりもします。ただし、ウッド素材は使えば使うほどに風合いが出てきますし、キャンプサイトでのインパクトは他の素材のものよりも温かみがあります。キャンプ熟練者向けのアイテムといえます。

囲炉裏型焚き火テーブルを手作りする方法

囲炉裏型焚き火テーブルはキャンプサイトに手軽に団欒を作ることができるので、便利なアイテムではありますが、買うとなると少し手が出しにくい金額だったりします。そこで、ここでは囲炉裏型焚き火テーブルを自分で、そしてホームセンターと100円均一の商品で作る方法をご紹介します。

ホームセンターや100均で材料を用意

DIY
Free-Photos

必要な材料はホームセンターや100円均一のお店で購入することができます。材料は天板となる木材を4枚と100円均一のお店で売っている折りたたみ椅子を8脚用意します。折りたたみ椅子はもともと座るのにちょうどいい高さとなっており、この高さが囲炉裏テーブルの高さとしてもちょうど良いのです。

囲炉裏テーブルのDIY方法

carpenter
CentrArredo

一番の難関は希望の寸法での木材の調達です。方法としてはホームセンターの資材売り場で自分で切るか、店舗によってはオーダーするとその通りに切ってくれるところもあります。木材を切り出せたらあとは折りたたみ椅子を下にして組み上げるだけです。

囲炉裏型焚き火テーブルを作るときの注意点

burn
Alexas_Fotos

ここで注意すべきは採寸です。ホームセンターで木材を切り出す前に、必ず使用する焚き火台の大きさを確認しておきましょう。木材を切り出してから焚き火台に合わせて再度調整するのはなかなか面倒です。事前に確認は済ませておきましょう。また、ホームセンターで防腐剤やニスなどを用意し、塗っておくと比較的長く使うことができますよ。

焚き火テーブルと合わせて買いたいおすすめアイテム

camp
Free-Photos

焚き火テーブルを使う際、当たり前ですが焚き火台が近くにあります。焚き火があればそこで料理をすることもありますし、焚き火のお世話もしなければなりません。ここではそんな時に重宝するアイテムをご紹介します。

ユニフレームと相性抜群のIKEA「レンプリグ」

 LÄMPLIG レンプリグ 鍋敷き - IKEA

LÄMPLIG レンプリグ 鍋敷き - IKEA

出典: www.amazon.co.jp

レンプリグは鍋敷きにも収納ツールにもなってくれる便利ツールです。ウッド素材の天板をつかっている焚き火テーブルなどにダッチオーブンをおくと焦げることもありますが、レンプリグを敷くと焦げつきを防ぐことができます。また、ユニフレームの調理型焚き火テーブルとの相性が良く、脚をレンプリグに交差して通して天板につければちょっとした収納スペースになります。

耐熱性もある「キンコグローブ」

 Amazon.co.jp: Kinco Gloves キンコグローブ 50 COWHIDE DRIVERS グローブ /kgg070405107: 服&ファッション小物

Amazon.co.jp: Kinco Gloves キンコグローブ 50 COWHIDE DRIVERS グローブ /kgg070405107: 服&ファッション小物

出典: www.amazon.co.jp

このキンコグローブはアメリカオレゴン州で生まれた作業用手袋です。とにかく厚手で、キャンプのあらゆるシーンで活躍してくれます。それは薪をくべたりする時に手が火傷するのを防いでくれますし、薪を割ったりナイフを使う時に手を守ってくれます。またしっかり木材をつかむことができるので、作業の効率も上がります。

手首も守るスノーピーク「ファイヤーサイドグローブ」

 Amazon | スノーピーク(snow peak) ファイヤーサイドグローブ ブラウン UG-023BR | スノーピーク(snow peak) | クッキングツール

Amazon | スノーピーク(snow peak) ファイヤーサイドグローブ ブラウン UG-023BR | スノーピーク(snow peak) | クッキングツール

出典: www.amazon.co.jp

ダッチオーブンメーカーとしても有名なスノーピークが出している、アウトドア作業用の手袋です。この手袋は焚き火仕事の各シーンで役立つように設計されており、薪をくべたりすることはもちろん、熱々のダッチオーブンですら簡単につかむことができます。焚き火で料理をする機会がある方はぜひ持っておきたいアイテムです。

焚き火テーブルに合うおすすめローチェア

キャンプサイトで使う椅子選びは焚き火テーブル選びと並行して行いましょう。焚き火テーブルとイスとがあっていないとせっかくのキャンプを楽しめません。焚き火テーブルにぴったりな椅子のタイプがローチェアです。焚き火テーブルの高さがだいたい30cm前後で、ローチェアだとこのぐらいの高さがベストマッチです。ここではおすすめローチェアを3つほどご紹介します。

スノーピーク「ローチェア30」

 ローチェア30 ブラウン(LV-091BR)の通販 | テーブル・チェアの通販はスノーピーク(Snow Peak)

ローチェア30 ブラウン(LV-091BR)の通販 | テーブル・チェアの通販はスノーピーク(Snow Peak)

出典: ec.snowpeak.co.jp

こちらのローチェアは奥行き65cm、幅58cm、背もたれを含めた高さが86cm、座面の高さは30cmになり、重さは3.6kg、材質は座面がポリエステルでフレームはアルミニウム合金、アームレストはウッド素材を使用しています。コンパクトに細くたためて、縦16cm、幅18cm、横101cmになります。また、脚が地面に潜り込まないように脚の先端には平たいパーツが付いています。

ニュートピア「ローチェアNTP2210」

 【楽天市場】ニュートピア NEWTOPIA リクライニング ローチェア canvas NTP2210:eSPORTS楽天支店

【楽天市場】ニュートピア NEWTOPIA リクライニング ローチェア canvas NTP2210:eSPORTS楽天支店

出典: item.rakuten.co.jp

こちらのローチェアは幅61.5cm、奥行き55cm、背もたれの高さは70cm、座面の高さは24cm、折りたたむと横63cm、縦68cm、厚さ11cmになります。シート座面にはキャンパスコットンとポリエステル、アームレストにはウッド素材が使われています。また、このローチェアは3段階でリクライニングすることができるので、好みの角度でくつろぐことができます。

キャプテンスタッグエクスギア「ロースタイルディレクターチェア」

 Amazon | キャプテンスタッグ チェア エクスギア(EXGEAR) ロースタイル ディレクター チェア ブラウン UC-1501 | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) | チェア

Amazon | キャプテンスタッグ チェア エクスギア(EXGEAR) ロースタイル ディレクター チェア ブラウン UC-1501 | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) | チェア

出典: www.amazon.co.jp

キャンプギアメーカーの「エクスギア」というギアブランドのローチェアです。幅は62cm、奥行きは54.5cm、背もたれを入れた高さは75cm、重さは3kgで耐荷重は80kgです。座面にはポリエステル、フレームにはアルミニウム、アームレストには天然のウッド素材が使用されています。ドリンクホルダーも付属され、焚き火の世話をしている時にはよく喉が乾くので、とても便利です。

焚き火テーブルを持ってキャンプに行こう!

bakcpack
maxmann

焚き火テーブルをどれにするかは、どのようなキャンプサイトにするかによって決まってきます。ユニフレームの焚き火台は調理台型なので料理する時そばに置くのはおすすめですが、囲炉裏タイプのようには使えません。それぞれのタイプ・素材によって得意なシーンというものがあるので、今回の記事を踏まえて、ぜひ焚き火テーブルをキャンプサイトに導入してみてください。

agaraukroam

この記事のライター

agaraukroam

アウトドアやレジャーのハウツーについてわかりやすくお伝えできるよう、一生懸命頑張ります!

関連記事

 キャンプ用収納ボックスのおすすめ13選!アウトドア用品をおしゃれにケースにまとめよう!

ツール

キャンプ用収納ボックスのおすすめ13選!アウトドア用品をおしゃれにケースにまとめよう!

キャンプ用のツールには、雑々としたものがたくさんあります。当然、これらツール類を整理して収めるために、しっかりした収納ボックスが必要です。ここではいろいろな特徴のある13種類のキャンプ用収納ボックスを紹介すると共に、ツールの効率的なまとめ方を紹介します。

無印のポリプロピレン頑丈収納ボックスがキャンプやアウトドア用品の収納に便利!

ツール

無印のポリプロピレン頑丈収納ボックスがキャンプやアウトドア用品の収納に便利!

無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスは、シンプルで美しい見かけとはうらはらに、椅子や踏み台の代わりになるほど丈夫です。このポリプロピレン製の頑丈な収納ボックスは、もちろんアウトドアでも大活躍します。ここではその使い方のアイデアをいくつか紹介します。

コールマンのアウトドアワゴンの価格/サイズを紹介!荷物運び用のキャリーカートならコレ!

ツール

コールマンのアウトドアワゴンの価格/サイズを紹介!荷物運び用のキャリーカートならコレ!

アウトドアやキャンプの荷物運びに欠かせないのがコールマンのアウトドアワゴンです。今回はキャリー・カートとして大きな荷物も重い荷物も簡単に運べる使いやすさに加え、カラーバリエーションも豊富で人気なコールマンのアウトドアワゴンを深掘りします。

ソロ向け焚き火台のおすすめ15選!コンパクトで軽量な小型グリルを厳選!

ツール

ソロ向け焚き火台のおすすめ15選!コンパクトで軽量な小型グリルを厳選!

キャンプの焚き火台にもソロキャンプ向けのコンパクト且つ軽量なものがあります。キャンプブーム、ソロキャンプも流行の兆しのある昨今、より気軽に、便利にキャンプができるツールの中でも、今回はソロキャンプ向けの持ち運びやすい焚き火台をピックアップして紹介します。

  焚き火ハンガーのおすすめ5選!ダッチオーブンやポッドを掛けてキャンプ料理をランクアップ!

ツール

焚き火ハンガーのおすすめ5選!ダッチオーブンやポッドを掛けてキャンプ料理をランクアップ!

焚き火ハンガーはその名の通り焚き火のそばで使うアイテムです。ダッチオーブンやポッドを吊るして火に掛けたり、ツール類を吊るしたりと、快適に焚き火を楽しむことができます。今回はオススメの焚き火ハンガーを紹介するとともに、使用時の注意点もお教えいたします。

ペグケースのおすすめ9選!キャンプ用ペグ入れをハードとソフトをタイプ別に紹介!

ツール

ペグケースのおすすめ9選!キャンプ用ペグ入れをハードとソフトをタイプ別に紹介!

ペグケースはテントを張る際に欠かせないペグを収納するツールです。ペグは本数が必要な上、テントを張る地面に合わせて素材や形状をあわせる必要があるため複数用意する必要があります。そんな時に役立つペグケースのおすすめ9選を紹介します。

冬のキャンプの必需品・持ち物リスト!初心者向けに暖房設備や装備/道具を紹介!

ツール

冬のキャンプの必需品・持ち物リスト!初心者向けに暖房設備や装備/道具を紹介!

冬のキャンプを存分に楽しむためには、寒さに対する対策をきちんとしていくことが必要です。そのための必需品とは何か、キャンプギアは多数あるので迷ってしまいますよね。そこで、この記事では冬キャンプに持っていくべき必需品をご紹介していきます。

冬キャンプのおすすめ寒さ対策装備!冬のアウトドアを初心者でも暖かく凌ぐ方法!

ツール

冬キャンプのおすすめ寒さ対策装備!冬のアウトドアを初心者でも暖かく凌ぐ方法!

冬のキャンプを楽しむ上で寒さ対策は必ずしておかなければなりません。今回は冬キャンプを初心者でも安心して乗り切れるように防寒用の装備やテクニックのほか、冬キャンプならではの楽しみや醍醐味も紹介します。これさえ読めば冬のキャンプも怖くありません!

冬キャンプ用テントのおすすめ11選と選び方!暖房/防寒やソロキャンプなど用途別に紹介!

ツール

冬キャンプ用テントのおすすめ11選と選び方!暖房/防寒やソロキャンプなど用途別に紹介!

魅力たっぷりの冬キャンプを、暖かい冬用テントで楽しんでみませんか。空気が澄んでいる冬のキャンプ場では、とてもきれいな景色を見ることが出来ます。冬キャンプにおすすめなテント11選と、役立つ暖房器具や防寒グッズを用途別にご紹介します。

DODのタケノコテントミニはグランピングにぴったり!

ツール

DODのタケノコテントミニはグランピングにぴったり!

DODのタケノコテントミニについて紹介しています。タケノコテント・キノコテントとタケノコテントミニとの違いを紹介しつつ、タケノコテントミニがグランピングにぴったりな理由についてもまとめています。また、その特徴についても紹介。

ツールの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード